前回の続きです。上咽頭炎なんてあまり聞きなれないし、
興味もないかもしれませんが、お付き合いください。
自覚症状が出にくいから、もしかしたらそのうつ症状、
パニック障害、身体の痛みや不調もそれが原因かもしれません。


このことを書きたくて、ブログを始めたといっても
いいくらいなんです。でも、医学的なことで難しいし、
書くのが大変なのは予想していたので、後回しに
なっていました。


身体が辛くて、しょうがない人。
薬を飲んでもなかなか治らない人の
目に触れればいいな、と思って書いています。


私も初めは鼻がつまって息苦しいな、花粉症の
時期は特に鼻水が出て辛い・・くらいでした。
でもだんだん、後鼻漏がひどくなり(口の方に
鼻水が落ちてくる感じ)、息をすると、冷たい空気が
スースーと脳まで達しているようなキーンとして
ものすごい不快感を感じていました。
私は慢性化した炎症で、自分の内部がどんどん
えぐられていくような恐怖を感じました。


耳鼻科を何件か回っても「荒れていますね」
と抗生物質を出される程度で、根本解決には
至りませんでした。(最近の耳鼻科では上咽頭は
重要視されず、あまり診てくれないそうです。)
そうするうちに不眠症やパニック障害、
うつ症状も出るようになりました。


「上咽頭炎を治しなさい」という本に
外的な要因があって炎症が起きるのと同時に、
ストレスが原因で内からの炎症でひどくなる場合もある、
(でもしっかり解明はされていない)と書かれた箇所
があって、自分のストレス度が高いこと
を自覚していた私は、炎症が起きるメカニズムに
すごく興味を持ちました。


誰でもひどく慢性化するわけではなく、ストレスが多い人が
なるのだろうと思いました。
また鼻の内部の形状にもよると思います。
膿がたまりやすい、私の場合も鼻中隔湾曲症のようです。
しかし、ストレスに端を発する炎症については
確かにあると思っています。


例えば口内炎も、栄養不足、ストレス、口の中を
噛んだらできると言われていますが、
口内炎がひどくなるのは、たんぱく質を分解する
プラスミンという酵素の働きが大きいと
書かれています。(朝日新聞2020.2.15より)
でも、やはり口内炎が最初にできる原因ははっきり
していないそうなんです。


ネットで「ストレスと炎症」と入れて調べると、
北海道大学遺伝子病制御研究所所長
村上正晃さんのインタビュー記事が出てきました。
「ストレスが脳に炎症を起こす」研究をされて
いるようです。


炎症を起点とする神経回路を活性化させ、
胃などを制御している迷走神経の活性度も上げ、
胃酸過多を引き起こすそうです。
(他のインタビュー記事より)


だから、ストレスが胃にもくるんですね!
難しいですが、とにかく何事も笑って過ごすしか
自分の健康を守る方法はない・・・。
炎症を起こしている箇所があれば、治した方がいい。
そう思うに至りました。
「そう気に病むでない」自分に言って聞かせてます。