ポツンとカサンドラ

パニック障害 カサンドラ症候群 子どもの不登校からの回復記   

カサンドラ状態によって引き起こされる、様々な身体と心の病気の情報を掲載。
パニック障害や、子どもの不登校問題に取り組んだ記録です。
読んで下さる方と、一緒に乗り越えてゆくためのブログです。

2019年11月

編み物始めて良かった。
家で出来る趣味はないかな~?とずっと
探していたところ、月に一回程度
かぎ針編みの先生に教えてもらう機会が
できました。


今週初めみたいにお天気の悪い、
寒い日が続いたり、
家にいても家族に振り回されて
気持ちが休まらない時、
一人になれるところに籠って
もくもくと手を動かしていると、
だんだん落ち着いてきます。


インドア派な子どもと、家庭内別居の
ような夫なので、休日あまり出掛けません。
外も好きな私はストレスがたまります。
でも、パニック障害になってから、
一人で遠出するのも疲れて一緒に家に籠る
ことが増えてきました。


家族だからって、相手に合わせる必要は
ないと思うのに、何となく合わせるクセ
がついてしまったみたい。


独身の頃、家族と住んでいた時は、
皆それぞれの生活があって、夜ごはんだけ
一緒みたいな感じだったのに、
何だか今の家族では、縛られている感じが
してしまう。家事による時間的な拘束でなく、
精神的に・・・。


自分で自分を縛っているのかも。
妻としての役割や母としての自分の役割
がメインの生活を長くしてきたから。
何だか常に「みんなの出方待ち」の
待機してる状態。


でも、最近疲れてきたな~。
もっと自由になりたい。
合わせる必要なんてないのに。
皆それぞれ好きなことやってるんだから。


編み物はそんなちょっとしたすき間時間にも
できるからいいんです。
自分の自由時間があまり取れない時も、
ちょこちょこやってるうちに
出来上がったものを見て、
なんか達成感があります。


リズミカルに同じ動作を繰り返すのは
自律神経にもいいんです。
自然と自分に必要なことを選んでるのかな。
うちのネコに腹巻編んであげたい。
すごく寒いからね。



良かったらご登録ください。










最近、2回連続同じ方にドタキャンされました。
理由はそれぞれ違います。
うつっぽいのか、元々の性格か、
最悪の考えに偏っていきがちです。
状況をもっと詳しく知りたいのに、
そのメールをスルーされた時など、
ますます不信感が強くなります。


私のこと嫌いだからだ・・・
私を困まらせたいんだ・・・
ずっと仲良くしていたのに、どうして?
悪いことしたのかな?


その考えに囚われて胸が苦しくなります。
何とかメンタルを立て直したいので、
一生懸命相手の立場で、来られない
理由を片っ端から考えてみました。



・実はだんなさんに暴力を振るわれていて、
 アザを隠すために会えない。
・お子さんが不登校になってしまった(うちが
 そうだったからって考えすぎか)
・そもそもそんなに人に会う必要性を感じていない。
 今まで無理をしていた。(うちの子がそういうタイプ)
・体の一部分が痛いだけでなく、
 更年期で、全体として心身の調子が落ちている。
 だからおしゃべりだけでも疲れてしまう。
・私と同じで、人と会うと何かとストレスの
 原因となると考えているから。
・私が以前より元気になって活動的になり、
 嫉妬しているから。
・人と人の関係はお互いに知り過ぎても良くない。
 程々の距離感を求めているから。
・本当にたまたま偶然約束した日に限って
 そうなってしまった。


有り得ないことから、そうかもな~と
自分でも納得することまで、
色々な相手の事情が見えてきて、
冷静になってきました。


自分が嫌われているという思い込み?
に対して、これらの理由である確率の方が
高い気がしてきました。


認知の歪みというんでしょうか。
私のようなうつっぽい人や、発達障害の人、
認知症の人、全て脳の機能が低下して
しまっているので、こんなことが
起こりやすくなるんだと思います。


「認知行動療法」を昔テレビで紹介していて、
夫とのストレスだらけの、カサンドラ生活に
取り入れていた時期がありました。
相手のその時の状況や気持ちを推測してみる。
そうすると、自分だけの考えで暴走している
のが止められ、少し楽になります。
できれば、夫や子どもにもやらせたい。
でも、今のところムリ・・・ですね。











11月は乱れた。
自律神経が。


睡眠状態が悪化し、朝方起きてしまったり、
熟睡感が得られず、ぼーっとしたり。
薬が効かなかったり。
ぎっくり腰になったりもしました。
人と会うと異常に緊張したり。
これ全部自律神経のせいだと
思っています。


パニック障害になってからしばらくして
体調日誌をつけるようになりました。
もう二年以上になりますので、
去年の11月を振り返ると・・・
やっぱり眠れなくなっている!


体調日誌(自作)に付けていることは、

・その日の気温(最高/最低)
・睡眠状態
・体の違和感のある場所の状態
 (私の場合、背中・鼻)
・うつ度
・ストレスのあった出来事
・運動時間
・服薬状況
・パンやカフェインなどセロトニン阻害の
 疑いのあるものの摂取状況
・良いこと、気付いたこと


殆どレベルの数字を入れるだけ
〇とか✖とか簡単にして、5分程度で
終えられるようにしています。


体調日誌を付けていいことは、
日記替わりになるし、何が自分にとって
ストレスになるか、どの薬が、どんな行為が
自分にとって効果があるのか、
客観的に分かるようになります。


私の場合、11月は気温がぐっと下がって
羽毛布団に変えたあたりから
睡眠状態が悪化していました。
寒暖の差が激しくなるし、夜は
ふとんがちょっとまだ暑すぎる。
この時期は自律神経が体温調節を頑張りすぎて
疲れてしまうんだと思います。


自律神経が乱れると、私の場合交感神経優位
になるので、血管がきゅっと縮み、血行が悪くなり、
身体のあちこちに痛みが出てきたり、
脳に関する不調(パニックやうつ)も出てきます。
日誌を書くようになって、
自分の身体の状態が把握できるので、
不安が少しづつ減りました。



最後に良かったことを書くのが、コツです。
何とか前向きな気持ちで寝ることが、
睡眠にとって一番だと思います!


秋は連休が多くてちょっとしんどかった。
でも、先日の連休は楽しみな予定が
一つありました。
子どもが小さい頃に住んでいた町に
遊びに行くこと。


赤ちゃん連れOKのサークルに参加していた
時のメンバーに会いに。
子どもを通してのお付き合いとは違って、
趣味でつながったものだったので、
つながりが深く、私はこのメンバーが
大好きなので、引っ越して10年が経とう
としているけど、たまに連絡を取っていた。


特に今回は、メンバーのうちの一人が
子どもの不登校のことで、相談に乗って
くれたり、わざわざ2時間半もかけて
私と子どもを励ましに来てくれたりしたので、
高校に無事通っている話とか、凱旋報告
のような気分で、里帰りしようと
思っていました。


なのに!
夫には3日に出掛けることは伝えてあったが、
1日の夜の夫の帰宅後こう言ってきた。


「明日(2日に)、バーベキューの練習に
 客を連れてくるから。
 5人家族と、独身男一人。」


えっ!?私の都合も確認しないで、いきなり
そんなに人を連れて来るの?
しかも、バーベキューの道具何も揃って
ないのに!?


一体何時に来るのか?それすらはっきり
しないし、なんでも家族連れの方は、
私の住んでるところの山に登りに
来るから、そのついでにうちに来るよう、
誘ったらしい。
山登りの後に、バーベキューなんてハード
過ぎない?小さいお子さんもいるのに。


うちでそんな大掛かりなことするのに、
人の都合を聞かないなんて信じられなかった
けど、夫が仕事関係の人をうちに呼んだのは
ほぼ初めてのことだし、夫が自分から
休日の予定を立てることも稀なので、
良いことに思えて、何とも明日という急な話だけど、
できる範囲でおもてなししようと決めた。


でも、やっぱり夫に対しては怒っていた。
私が自立神経失調で疲れやすい
ことなんて全く気にしてないんだと、
がっかりしたし、
3日に遠出する体力を残しておきたかった
のに、その計画をめちゃくちゃにされた
と感じていた。


そして、やっぱり当日は疲れた・・・。
11月に入って急に寒くなったせいか
睡眠状態がまた悪化していて、ここ最近
寝れた感じがしなかったし、精神的にも
落ち込みがちで、何でも悪い方に取ったり、
元気がなかった。そんな中で、


開店と同時にバーベキューの道具と
食材を買いに出掛け、
独身者は昼食から、家族連れは夕方から参加で、
一日中台所に立ってた気がする。


そして、肉が足りないから買ってこい
とか、17時には外は真っ暗だから外用のライトを
買ってこなきゃ、でバタバタしていた。
そして、うちの子は部屋に籠って
出てこない。
それを客人に変に思われて、気を使った。
あ~あ、疲れた・・・。


翌日3日は、苦手な乗り物を薬を飲まずに
2時間我慢し、
(乗ってる間中、もぞもぞ身体を動かし、
呪文を唱えたり、深呼吸したり、パニック症状
が出ないように、耐えてる時間なんです。
だからぼーっととか出来ないんです。
これが一番辛い。でも、そうやって何とか電車や
バスは乗れます。)
第二の故郷に無事つきました。


会った時にはもう疲れ切って、きっと
精神を病んだ人の顔付きをしていたと思います。
だってやっぱり前の晩も脳が興奮して
しまって寝られず、睡眠導入剤を途中で
足したし。
そのせいか、ぼーっとして会話について
いけないこともあったし、前みたいな
感じでしゃべれないし。
何だか疎外感しか感じなかった。
私が引っ越してからもここの世界はずっと
続いていて、自分だけ取り残されたみたい。


実際そうだし、当たり前のことなのに、
うつっぽいからことさら、感傷的になってしまった。
でも、きっと私があまりにもこの2年間で
疲れ切った顔になってしまって、どう声を
掛けていいのか分からなかったのだと思う。
自信のない顔は魅力的でないのだと思う。
どんどん卑屈になっていってしまった。



本当はもっと元気になったところを
見せたかったのに。
本当はもっと昔みたいに何でも話したかった
のに。それができなくて悲しい一日だった。













ブログを今年の9月から始めたのだが、
目的はカサンドラ症候群からの完全脱却。
気持ちを吐き出してスッキリし、
それを過去のものとして葬り去ること。


そして、パニック障害やうつからの回復、
子どもの不登校脱出の道のりが
誰かのお役に立てれば、と思ったのも
目的です。


それで、カサンドラからの脱却は進んでいるか?


ーー自分はまだまだ脱却していません。


夫との関係は接点をなるべく持たないことで、
争いごとはだいぶ減った。
その分他人と暮らしているみたいな寂しさで
辛くなることが多いです。


子どもからは、自分で処理しきれない
ストレスを全部こちらに吐いてくるので、
幸せな気分で一日を終えることは、
ほぼない。


カサンドラ症候群になる4ステップ
私の場合で考えてみました。

①<混乱期>常識と非常識の争い

②<安堵期>相手がアスペルガーであることの気付き

③<転換期>相手の特性を考えて、頑張ってみる
      
④<絶望期>頑張ってはみたものの、日々のストレスに
      負けて、上手く対応できない。
      アスペルガーだから全て駄目なんだ。 
      そもそも結婚したのが全ての間違いと考えてしまう。
      周囲からの孤立感


私は今まさに今③と④を
行きつ戻りつの状態だと思う。
夫と子どもがアスペルガー
の特性にぴったりだと思って、
だいぶ勉強した結果、それを意識するあまり


「だから、うちは全てが上手く行かない。」
「幸せそうな家族とはもう世界が違う」
「だから誰にも話せない」「孤独だ」


と、どんどんネガティブになっていきました。
何も知らなった時の方が、幸せだったん
じゃないか?というくらい。


だから最近、また①に戻ってみたらいいんじゃ
ないかと思いました。
相手をアスペルガーとしてなるべく
見ずに、また相手の非常識にはきちんと抗議し、
良い妻を演じないようにしています。


うちの家族、上手く行けば幸せな時もあるって
思い出して、実験中。
でも、この連休中も色々考えることが
ありました。

(つづく)

      
      






↑このページのトップヘ